機械学習における前処理の効率化

このebookでは、MATLABによる機械学習の前処理について、ご紹介いたします。


機械学習を使ったことがある方であれば、前処理が必要であることはご存知でしょう。また、手動で行うことが面倒であることもご存知のことでしょう。前処理のスクリプトをこの機械学習のフレームワーク内でアップデートできるようにしておけば、前処理の結果、学習モデルの精度がどう変化したかと確認できるでしょう。


小学生の算数で習う四則演算だと、左から順に計算するなど明確なルールをもっています。リンゴや住宅ローンといったどのような計算式であっても、2 * (6+4)2 = 200等の計算式の答えは不変です。


データの前処理は、それほど単純ではありません。どの順でタスクを処理するのか決まった手順もなければ、すべて変数が結果に少なからず影響を与えうるのです。


可視化、分野特有のツール、アプリといったプログラムレスで処理ができるツールや、ライブエディター タスクを使うことで、データの前処理を高速化することが期待できます。これらのツールを使って、表形式および信号を含む時系列データをどのように処理するか、見ていきましょう。